外国人客が増加

「ソープランド」というものは、日本にある風俗店の一つであり、来店するお客様も日本人がほとんどだと思っていることでしょう。

とはいえ、最近は海外から日本に旅行で訪れる人もたくさん増えています。

「ソープランド」業界といえば、昨今の規制強化によって様々な制約が設けられ、経営的にもなかなか厳しい苦境に立たされている業界でもあります。

そして、最近特に取り出されている問題に外国人の問題もあるのです。

日本の主要産業の一つに観光業というものがありますが、最近では日本に訪れる外国人も増え、2020年の東京オリンピックをピークにますますの増加が見込まれています。

そうした外国人旅行者が「ソープランド」に訪れるということも増えていて、基本的に日本の風俗は外国人お断りのお店が多い中、最近では外国人を受け入れるお店も出てきており、外国人向けの旅行ガイドにも紹介されるお店も出てきたのです。

しかし、それに伴い外国人と日本人の常識の違いによるトラブルも多発しています。

では、この外国人と日本人の利用客に起こる問題は何かというと、それは性病の問題になります。

日本人男性が海外で遊んだ際に、性病に感染するという話は頻繁に耳にしますが、アメリカなどでは毎年1000万人が性病に感染しているといわれていますし、中国なども同様で、海外では性病に感染するリスクは日本よりも極端に高いのです。

性病に感染したまま日本の「ソープランド」店に来る外国人は必ずいますし、言葉の違いなどからそういったお客様を拒否できないままサービスをするお店は必ず出てきます。

今までは安全だったお店や女の子であっても、今後はそうとは言い切れなくなってくるのが現状かもしれません。